行政書士ダイセイ法務事務所

町田行政書士が教える!契約書作成で失敗しないコツとは?

お問い合わせはこちら【初回無料相談】

町田の行政書士が教える!契約書作成で失敗しないコツとは?【相模原・小田急線沿線】

町田の行政書士が教える!契約書作成で失敗しないコツとは?【相模原・小田急線沿線】

2023/09/19

契約書の作成は、ビジネスにおいて重要な要素の一つです。契約書作成を疎かにして失敗してしまうと、トラブルに発展することも少なくありません。そこで、町田で働く行政書士が契約書作成で失敗しないコツをお教えてしたいと思います。契約書の作成方法その他をご紹介します。

目次

    契約書作成での注意点

    行政書士は、契約書の作成においてもプロの知識と技術を発揮することができます。契約書の作成は弁護士その他の士業との業際問題を抱えておりますが、少なくとも紛争性のない通常のビジネス契約書であれば問題なく作成できると考えられます。契約書は、取引の内容や条件を正確に表現するためのものであり、誤った表現や漏れがあると取引のトラブルにつながることもあります。 そのため契約書作成には以下の注意点が必要です。まずは、契約内容を十分に把握した上で作成することが大切です。契約の内容や条件が不明確なまま作成してしまうと、後々問題が生じる可能性があります。次に、用語や表現についても正確かつ分かりやすいものを選ぶことが重要です。契約書は書面による証拠となるため、後で争いになっても問題ない表現が必要です。 もちろん法律的な専門用語を使って、また、契約書でよく使われる文言を使うと客観性が出て信用度も高まりますが、多少稚拙であっても解釈の疑義が生じにくい正確な文言とすることが大切だと考えています。また、契約書には特別な条項を加えることもできますが、それらは法律上許容されるものである必要があります。もしも違法である場合は、契約自体が無効になってしまうため、注意が必要です。 行政書士が契約書作成を行う場合は、法律知識や表現力が求められます。取引のトラブルを防ぐためにも、きちんと把握した上で正確かつわかりやすい表現を用いることが必要です。

    必要な情報を把握する

    契約書の際には、必要な情報を把握することが非常に重要です。行政書士は、民間人の法的手続きに関するサポートを提供する専門家であり、その分野について深い知識と経験を持っています。このため、クライアントの要望や問題点を正確に理解し、適切なアドバイスを提供するために、必要な情報を把握することに日々力を注いでいます。 例えば、行政書士がクライアントの事業をサポートする際には、その事業が所属する業界の法的要件や規制、許可申請の手続きなどについて十分に把握しておく必要があります。また、個人の民事手続きについても、法律の改正や運用や解釈に関するの最新情報、法律のみならず審査基準などの細かい点の変更などについても常に情報を収集し、顧客にとって最適なアドバイスを提供します。 情報収集に際しては、法律に関する専門書やWebサイト、自治体のホームページ、関連団体の発行物など、様々な情報源を駆使します。また、行政書士同士で意見交換をし、情報共有を行うこともあります。 行政書士にとって、必要な情報を把握することは、クライアントに対して適切なアドバイスを提供するためだけでなく、クライアントの信頼を得るためにも重要です。そのため、常に情報を収集し、自己研鑽をすることが求められます。

    重要な条項の確認方法

    行政書士は、契約書や法律文書を作成することがあります。もちろん当事者が直接作成することも問題ありません。作成にあたり重要なポイントを申し上げると、当事者にとっても、また行政書士その他専門家にとっても、重要な条項を漏れなく確認することは文書作成の重要なポイントの一つです。 まず、文書に明記された事項を確認します。契約書であれば、契約期間や対価など、法律文書であれば事実関係やその解釈、解釈の前提となる法令の条文などを確認します。 次に、法律上問題になりうる条項を確認し、特にリスクの高い事項や留意すべき点を特定します。ここで、知識の不足を理由に重要な事項を見逃してしまわないよう、必要な場合は専門家に相談してその力を借りるのが得策です。 また、法的文書の作成や契約の締結にあたっては、交渉や合意に至るまでの過程も重要です。そのため、重要なポイントは当事者間で話し合われ、確認の手続きを踏むことがとても大切です。 重要な条項を確認し漏れのないよう注意深く作業を進めることで、クライアント、相手方、そして当事者双方の利益を最大限に保護することができます。求められる確認作業を適切に行い、高品質な文書の作成を目指しましょう。

    読みやすく分かりやすい文面の作り方

    私たち行政書士にとって、クライアントへの提示資料や書類作成において、読みやすく分かりやすい文面を作り上げることは非常に重要です。 まず、文章はできるだけ簡潔にまとめましょう。長文や冗長な表現は、読み手にとって理解しづらくなるばかりです。適度な文節区切りも心がけましょう。 次に、用語選定に気を配りましょう。専門用語が多く出てくる分野なら、必要な用語にはしっかりと対応し、それ以外の箇所は分かりやすく説明しましょう。 また、段落を使って見やすくしましょう。長文で何を言いたいのか分からないまま読み進めるよりも、段落ごとに主題を絞って情報を伝える方が、理解しづらい箇所を見つけやすくなります。 最後に、フレーズを工夫することも有効です。意味深いキャッチコピーや、アクセントの付け方で読み手の関心を引きつけることができます。 以上のポイントに従って、行政書士の提供するサービスや手続きについて、読みやすく分かりやすい文面を作り上げることができます。当事者やクライアントが非常に喜ぶ結果を目指して取り組みましょう。

    適切な文言選びでトラブルを防止する

    行政書士として、私たちは様々な書類作成や手続きのサポートを提供しています。しかし、書類の内容によっては、万が一トラブルが起こることがないとも言い切れません。そのため、文章を作成する際には、適切な文言選びが非常に重要です。 例えば、契約書を作成する際には、使用する言葉が契約の有効性や条項の解釈に影響を与えます。また、クレーム処理などで文書を作成する際には、相手方に対して不快な印象を与えてしまうような表現を使わないようにすることが必要です。 一方で、専門用語や法律用語を多用しすぎると、一般の方の理解に支障をきたすこともあります。そのため、分かりやすく、かつ正確な表現を心がけることが大切です。 適切な文言選びを心掛けることで、書類の信頼性が高まり、トラブルを未然に防ぐことができます。私たち行政書士がお客様の代わりになって適切な文言を選ぶことで、安心して手続きを進めていただけるように取り組んでいきたいと考えています。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。