行政書士ダイセイ法務事務所

就労や身分の変更は行政書士に相談!在留資格の取得方法と注意点

お問い合わせはこちら【初回無料相談】

就労や身分の変更は行政書士に相談!在留資格の取得方法と注意点【町田・横浜線沿線】

就労や身分の変更は行政書士に相談!在留資格の取得方法と注意点【町田・横浜線沿線】

2023/10/23

外国人が日本で就労したい場合や在留資格を変更したい場合、法律上の手続きが必要となります。しかし、法律や手続きに詳しくない場合、容易にミスをしてしまうこともあります。そこで、行政書士に相談することが大切です。本記事では、在留資格の取得方法や注意点について、行政書士の視点から解説していきます。

目次

    行政書士に相談するメリットとは?

    行政書士は、行政機関と市民・企業の間に立ち、法律知識を活用して手続きを手助けする専門家です。行政書士に相談するメリットは、以下の通りです。 まず、専門家としての高い知識と技術を持っているため、法令や制度に関する正確な情報を提供してくれます。また、必要な書類の作成や手続きなど、専門的なことはもちろんのこと、細かなデータのあれこれもあなたに代わって手配してくれます。これは、法律に精通している行政書士の長年の経験と知識によるもので、書類の不備や申請方法のミスを防ぐことができます。 また、行政機関との交渉や折衝などにも長けています。行政書士は、行政機関と常に接しているので、行政側の手続きの仕方や考え方を知り、交渉が必要な際にも役に立つことが期待できます。このような交渉の結果、契約や融資を受けることに有利に働くようになったり、制度や法律上の優遇措置を受けられることもあります。 さらに、専門業者としての信頼性があります。行政書士は、国家試験に合格しており、基本的な専門知識を持っています。また、行政書士として業務を行うには学問的な知識のみならず、実務に直結した法的知識を要するため、実務経験を経て豊富な実務経験を持っている専門家が多いことが特徴です。このように、信頼性が高く、専門的な知識や技術を持った行政書士に相談することは、時間・お金・労力を節約することにつながります。

    在留資格の種類と取得方法

    在留資格は、外国人が日本で働くために必要なものです。在留資格には、就労や留学、家族滞在など、様々な種類があります。例えば、技術・人文知識・国際業務などの分野で働くために必要な特定技能、教育機関で学ぶための留学、日本に永住するための永住者などがあります。各種の在留資格には、取得するために必要な条件があります。就労を目的とする場合は、雇用先との契約書や賃金の支払いを証明する書類などが必要です。また、語学力の証明や保険の加入などの条件もあります。在留資格の取得には手続きが必要であり、行政書士は、その手続きを代行することができます。正確には届出を経た行政書士に限って取次という申請の提出を代行することができます。在留資格の申請には専門的な知識が必要ですが、行政書士は、在留資格に関する情報を的確に伝えることができ、正確かつ迅速に申請手続きを行ってくれます。外国人の方も安心して、在留資格の取得に関する手続きを行うことができます。

    在留資格の更新に必要な手続きと期限

    在留資格の更新には、外国人が日本に滞在するための必須的な手続きです。在留資格の有効期限が切れる前に更新しなければ、在留資格が失効し、合法的な滞在ができなくなってしまいます。 在留資格の更新手続きには、専門的な知識と豊富な経験を持った行政書士がサポートすることが望ましいです。更新に必要な書類や手続きが多岐にわたるため、自分で手続きをする場合は細心の注意が必要です。 在留資格の更新期限は、有効期限の概ね3か月前から申請できます。有効期限を過ぎてしまった場合は、在留資格が失効し、帰国することになりかねません。また、在留資格を取得後、住所などが変更になった場合は、変更手続きをすることが必要です。在留カードの更新も必要となりますので、期限には充分に注意しましょう。 行政書士は、在留資格の更新に必要な書類や手続きの準備や申請を代行することで、スムーズな手続きをサポートしてくれます。資格更新に関する知識や経験を持つ行政書士に相談することで、安心して滞在することができます。

    就労資格の種類と申請方法

    就労資格の種類は、外国人の労働者が日本で働くためには必要不可欠なものです。種類は様々で、特定技能、高度専門職、技能実習、留学、研修、永住者などがあります。就労資格を取得するには、まず申請が必要で、申請方法は電子申請や郵送で行われています。この方法は日々行政側で改善が進められており、新しい制度がその都度実施されているので、最新の情報をご確認いただきたいと思います。申請に必要な書類や手続きは、申請者の資格や状況によって異なるため、行政書士に相談することをおすすめします。また、申請手続きの際には、労働条件面や適切な待遇の確保などのルールがあり、違反すると罰則があるため、正確な手続きを行うことが大切です。行政書士は、就労資格の申請サポートから許可後の労働条件面の適正チェックまで、外国人の労働者と企業の架け橋として、適法かつスムーズな就労をサポートします。

    在留中に注意するべきポイント

    在留中には、法律や規則を遵守することが非常に重要です。このため、外国人は日本に在留する際には、在留期間や在留資格の条件、入国管理局の手続き、年金や健康保険など、多くのポイントに気を配る必要があります。 また、日本には様々な法律があります。外国人にとって、最も重要な法律は出入国管理及び難民認定法です。在留期間を延長する場合や、在留資格を変更する場合、必要な書類や手続きを適切に行うことが求められます。 さらに、日本では住民票の制度があります。外国人が日本に住所を変更する場合、各地方公共団体、いわゆる基礎自治体において住民票を取得する必要があります。また、在留資格によって、年金や健康保険などの社会保険にも加入する必要があります。永住申請の際には社会保険の加入が重要となりますので、それまでの在留において注意しておくことが大切です。これらは、日本に長期滞在する上で重要なポイントです。 行政書士は、こうしたポイントに詳しい専門家です。外国人が日本に滞在する際には、行政書士に相談することで、在留状況を適切に管理することができます。また、滞在期間や資格の更新手続き、社会保険への加入など、日本での生活において必要となる手続きをサポートしてくれます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。