行政書士ダイセイ法務事務所

特定技能制度について知らなきゃ損?! 行政書士が教える準備のポイント

お問い合わせはこちら【初回無料相談】

特定技能制度について知らなきゃ損?! 制度のポイント

特定技能制度について知らなきゃ損?! 制度のポイント

2023/12/23

日本政府が2019年4月から導入した特定技能制度について、まだ詳しく知らない人は多いのではないでしょうか。この制度は、外国人労働者を受け入れることで、日本の産業を支えるために導入されたものです。しかし、制度の詳細や手続きについてはまだまだ認知度が低く、多くの人が不安を感じている状況です。そこで今回は、行政書士が教える特定技能制度の準備のポイントについてお伝えします。この記事を読むことで、特定技能制度について理解を深め、スムーズに手続きを進めることが可能になるかもしれません。

目次

    特定技能制度とは?

    特定技能制度とは、2019年4月から始まった外国人労働者の受け入れ拡大策の一つであり、技能実習制度や留学制度とは異なる制度です。外国人労働者が技能を持っている場合、その技能に応じた職種に特定技能として登録することが可能です。登録された外国人は、許可された期間内で特定の職種に限定され、就労することができます。それ以外の業務に就くことは禁止されています。また、一定の条件を満たした場合には、永住権を取得することも可能です(「特定技能2号」であることが前提になります)。この制度において、行政書士は外国人の就労ビザ取得に重要な役割を担っています。ビザの申請はもちろん、労働条件や給与、就労場所などに関する契約書に必要な書類を作成し、外国人の就労の円滑化のサポートも行っています。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。