行政書士ダイセイ法務事務所

在留資格更新申請のポイント5選|行政書士が解説する|最新情報

お問い合わせはこちら【初回無料相談】

在留資格更新申請のポイント5選|行政書士が解説する|最新情報【相模原・町田】

在留資格更新申請のポイント5選|行政書士が解説する|最新情報【相模原・町田】

2024/04/02

日本に在留している外国人は、在留期限が切れる前に在留資格の更新手続きを行う必要があります。しかし、在留資格更新申請にはさまざまなポイントがあり、うっかりミスをしてしまうと申請が却下されたり、時間がかかったりすることもあります。そこで、この記事では行政書士が解説する、在留資格更新申請のポイント5選を紹介します。最新の情報を押さえて、スムーズな申請手続きを行いましょう。

目次

    1. 在留資格更新申請とは?

    在留資格とは、日本において外国人が長期滞在するために必要な種類の一つであり、在留期間が満了すると更新が必要です。在留資格の更新申請には、滞在期間が満了する前の3か月以内に申請をする必要があります。申請書類を準備する際には、国籍や在留資格によって必要な書類が異なるため、詳細に確認することが必要です。更新申請が承認されると、在留資格が更新され、引き続き日本に滞在することが可能となります。しかし、不備がある場合には、申請書類に返戻される場合もあるため、正確に手続きを行うことが重要です。従って、行政書士に相談することで、正確な手続きを行うことができ、スムーズに在留資格更新申請を行うことができます。

    2. 在留資格更新申請に必要な書類とは?

    在留資格の更新申請には、在留カードやパスポートのコピー、最近の住民票、健康保険証、納税証明書、年収証明書、所定の申請書などが必要です。これらの書類を欠かさないように用意することで、円滑に在留資格の更新申請を行うことができます。行政書士に相談することで、書類の作成や提出方法についてのアドバイスや手続き代行を依頼することも可能です。せっかくの在留資格ですから、更新申請にはしっかりと準備をして行いましょう。

    3. 在留資格更新申請のポイント①:早めに申請する

    在留資格を持つ外国人にとって、在留資格更新はとても重要です。更新を忘れると期限が切れてしまい、滞在ができなくなってしまいます。そのため、早めに更新申請を行うことがポイントのひとつです。更新申請は、資格の種類や期間によって異なりますが、原則として期限の3か月前から行うことができます。申請が遅れれば遅れるほど、審査に時間がかかる可能性もあります。また、期限切れ前に申請を行えば、期限内に滞在を継続するための仮の在留資格が与えられることもあるため、早めの申請が必要不可欠です。行政書士に相談することで、申請書の記入方法や必要書類の用意方法などを確認し、迅速に申請を行うことができます。

    4. 在留資格更新申請のポイント②:書類の内容に注意する

    留学生や外国人技能実習生が日本で滞在する際に必要となる在留資格更新申請には、様々な条件や書類が必要です。しかし、申請者が書類の内容に不備や誤りがあると、在留資格更新が却下されることがあります。そのため、書類の内容は非常に重要であり、注意が必要です。 書類の内容で最も注意しなければならないのは、在留資格更新に必要な書類の種類や期限です。また、提出する書類の出所や条件によっては、翻訳や認証が必要になります。書類の提出にかかわる手続きにも注意が必要で、申請書は自筆できるものもあれば、専門家に依頼する必要がある場合もあります。 書類の中でも、滞在目的に関する書類や在留期間が示された書類、理由書、雇用契約書や在籍証明書といった労働条件に関する書類、学歴証明書、納税証明書、社会保険料の納付証明書、健康診断書などです。これらの書類には、必要な情報が的確かつ明瞭に表示されている必要があります。 行政書士に相談することで、在留資格更新に必要な書類の内容や提出方法を詳しく教えてもらうことができます。適切に書類を準備し、手続きを行うことで、在留資格更新の申請がスムーズに進みます。

    5. 在留資格更新申請のポイント③:行政書士の活用を検討する

    在留資格更新申請は、外国人にとって重要な手続きの一つです。そのため、正確な書類の準備や手続きの方法に不安を抱くこともあるかもしれません。そんなときは、行政書士の活用を検討してみましょう。行政書士は、法律知識や手続きの経験に基づき、在留資格更新申請に必要な書類の作成や提出、手続きの案内など、きめ細やかなサポートを提供してくれます。また、行政書士と一緒に申請手続きを進めることで、不備などの誤りを事前に発見できるため、スムーズな手続きができるようになります。在留資格の更新は、滞在期限が切れてしまった場合には再入国ができなくなる恐れがあります。そのため、在留資格更新申請には十分な注意が必要です。行政書士と一緒にしっかりと手続きを進め、安心して日本での生活を続けられるようにしましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。